ISPO Munich / j-village JAPAN PAVILION


j-village(ジェイ-ヴィレッジ)とは、”Japanese High Quality and Technology “をコンセプトに、日本企業が集合したパビリオンブースです。単独出展では難しい大きなブース、人通りの多い位置を確保できます。j-village2010年のISPOから出展を続けており、今回で10回目の出展となります。


ISPO Munich

 ISPOミュンヘンは、1970年から45年以上続く世界最大級のスポーツ関連見本市ですアウトドア、スキー、アクション、フィットネス、テキスタイルなど、世界各国のトップメーカ - 。及びバイヤーが参加する業界最注目の国際見本市です。

"会期" 2018年1月28日〜31日※ISPO2018

《ISPO2017》出展者数:2732社 / 来場者数 :約85,000人 

《ISPO 日本事務局》http://www.ispo.jp/


j-village 出展メリット

メリット① : 一貫したサービス

お申込から会期終了まで一貫して弊社スタッフがサポートいたします。準備期間の申請業務だけでなく、会期中も弊社スタッフが常駐することで、初出展のお客様でも安心してご出展していただくことができます。

メリット② : リーズナブルな出展コスト

j-villageへの出展は単独出展よりも全体出展コストを抑えることができます。出展料、ブース施工費、電気代等すべて込みの価格になりますので、コスト削減、ご予算枠の決定も容易になります。

メリット③ : プレスサービス

j-villageでは各社様の製品をよりアピールできるよう、フライヤーの作成を行っております。フライヤーは会場内のプレスルームに配備し、スポーツジャーナリストを初め、プレス関係者へ向けて企業様の製品を発信しています。

2010年にJ-VILLAGE活動は「日独交流150周年記念事業」として外務省より認定を受けました。


J-village サービス内容 ー出展準備から会期中までトータルサポートー

①各種出展・施行手続きの代行

面倒な会場への出展申込み、人材手配、ブース施工、電気等の申込み、施工現場監督などを一貫して、お任せいただけることで、商談にしっかりと集中できる環境を提供いたします。

②出展期間中の現場サポート

j-village会場には終日サポートスタッフがおり、急なトラブルや現場でのご相談に随時対応することできるため、安心してご出展いただくことが可能です。

③ドリンク(ハッピーアワーの実施)・フードの提供

出展企業様には、各社の出展ブースにお越しになる、来場者用コーヒー等のソフトドリンク、おにぎりやスナック等のサービスを無料で提供いたします。また、KRIN Europe様のご協賛によりパッピーアワーも実施しており、集客力のアップをしています。


J-village 出展費用  ー2019年度は、OUTDOOR Hall A1,2  約100㎡で申請中ー

注意事項

・出展場所の確定はお申し込み先着順となります

・ホールプランが10月頃に確定するため、ブースデザイン、レイアウトを変更する場合があります

・スペース内の各社毎の背の高い壁は作成できません

・追加展示台の高さは上限120cmまでとなります

必要の場合、会期前の荷物お預かり/会場までの運搬2箱までサービス

(13辺合計150cm以内。3箱目からは1箱につき€120となります。)


ISPO 単独出展サポート

 ー毎年、10社を超えるお客様のブース施工・サポートサービスをご提供しておりますー

 弊社では上記のj-villageだけでなく、毎年数多くのISPO出展日本企業に対してブース施工装飾及び各種サービスをご提供しております。地元ミュンヘンであること、j-village運営のためにスタッフが常時会場にいることにより、万が一の場合でも臨機応変な対応が可能です。

以上、ISPO出展や詳細のご確認については、コンタクトよりお気軽にお問い合わせ下さい。

現地在住の日本スタッフがご対応させていただきます。